相続税

相続や遺贈によって取得した財産に対して賦課される税をいう。この場合の財産には、相続時精算課税制度の適用を受けて贈与により取得した財産を含む。
納税義務者は財産を取得した者であるが、税額の算定に際しては各種控除などが適用されるので、十分な注意が必要である。

前の記事

専有面積