不動産登記法

不動産登記法は、不動産登記に関する手続きを定めることで、不動産に関する権利の保全と取引の円滑化を図る ための法律である。 例えば、登記の対象となる権利や登記の内容、必要な書類と手続き、その他登記に関する義務などについて規定 している。なお、不動産登記法は平成16(2004)年に大幅な改正が行われ(施行は平成17(2005)年3月7日か ら)、オンライン登記が可能になるなど、登記手続きも大きく変更されている。

前の記事

宅地建物取引業法